下垂体腺腫での高プロラクチン血症

女性の患者様で、血中のプロラクチン値が

180を超していた方の症例です。

本来の主訴は耳鳴り、ふらつきの症状で、

その他の症状は、

・便秘

・易怒

・倦怠感

・冷え性

・生理痛

・生理不順

・首、肩の凝り

でした。

来院当初は、下垂体腺腫はわかっておらず

途中で病院で判明しました。

まずは薬は服用せずに経過観察の方針でした。

施術では体の全体的な機能が改善するように

調整を行い、それを何度かいたしました。

その後、

もう一度病院でプロラクチン量を検査すると、

180台だったものが80台に減少しておりました。

まだ、途中の検査が一回だけになりますので

どうとは言えませんが、

プロラクチンの数値が減っていますので、

体の中で何らかの変化が起こっている

可能性があります。

正常な数値はもう少し下になりますので、

引き続き正常値になるように施術を継続予定です。

当院のアクセス・診断時間

〒761-8073 香川県高松市太田下町1962番地11 Kstyle [いわき整骨院併設]

受付時間

                                                                                       
受付時間
通院される方(午前)
9:40〜12:00
× × × ×
通院される方(午後)
15:00〜19:00
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【昼の部】13:30~
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【夜間の部】21:30~
× × × ×
                         

[ 休診日 ] 木・金・土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら