原因不明の微熱

10月に微熱や喉の痛みなどの風邪のような症状を発症し、その後風邪の症状の咽頭痛や鼻汁は消失しましたが、微熱や体のだるさだけ残るような患者様が来院されました。

 

普段の体温は36℃台ですが、この時は37℃台がずっと続いており、病院では風邪は治っているという事で、この微熱に関してはよくわからないというような感じでした。

症状でのだるさは微熱によるものの可能性が高いので体温調節を施術のメジャーとし施術を行いました。

 

まずは、感情などの精神的なストレスの部分の調整を行いました。

体温は感情の高ぶりや低下によって影響を受けることが多々あります。

例えば興奮していると体は熱くなってくると思います。

また、気分が沈んでいるときは寒く感じると思います。

その為、感情のストレスが体に与えている影響を調整しました。

不安や恐怖、怒りといった感情がみられました。

東洋医学でのそれらの感情は五志(五情)と呼ばれ、それぞれ対応する臓器が存在します。

その対応する臓器をまずは調整しました。

そして、ホルモンの分泌が上手くされていない場合や、自律神経機能が低下していると体温調節が上手く出来ないので、頭蓋骨調整でそれらを調整しました。

その結果、微熱の症状は二回ほどで改善しました。

 

今年は、風邪を引いた後に治っても症状が続く方が多くみられます。

風邪は治っているのに症状が取れないという方は一度お問い合わせください。

当院のアクセス・診断時間

〒761-8073 香川県高松市太田下町1962番地11 Kstyle [いわき整骨院併設]

受付時間

                                                                                       
受付時間
通院される方(午前)
9:40〜12:00
× × × ×
通院される方(午後)
15:00〜19:00
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【昼の部】13:30~
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【夜間の部】21:30~
× × × ×
                         

[ 休診日 ] 木・金・土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら