めまい(ふらつき)

めまい(ふらつき)とは

めまいとは、体のバランスを保つ機能に障害がおきると、

自分がグルグルと回っている。ふわふわする。などの症状を生じるものです。

めまいを訴える人の数は日本国内で約240万人にのぼっています。

 

めまいの種類

■ぐるぐると目が回る「回転性めまい」

■ふわふわと浮いているような感覚に陥る「浮動性・動揺性めまい」

■くらっとする「立ち眩みのようめまい」

 

ただのめまいと軽く考えている人は注意が必要です。

特に耳鳴り、難聴、頭痛などが伴うと大きな疾患が潜んでいる可能性もあります。

 

めまいの原因

体の平衡感覚をつかさどる器官は、三半規管、耳石器、前庭神経、脳幹、視床、大脳皮質などがあります。

この中のどの場所が障害されてもめまいがおこります。

 

1.回転性めまい

目が回る、天井がぐるぐる回るなどと表現されるめまいです。

これは内耳や視覚、筋肉からなる身体のバランスをつかさどる「平衡感覚」の異常により起こります。

耳の病気や脳の病気が原因となることもあり、注意が必要です。

めまいと併せて耳鳴り、難聴などの症状が現れることもあります。

 

2.浮動性・動揺性めまい

身体がふわふわと地に足がついていないような状態になるめまいです。

車酔いのような感じにもなり、気分が悪くなったりもします。

脳血管障害(脳腫瘍、脳梗塞、脳血栓など)が原因となることがあります。

 

3.立ち眩みのようなめまい

目の前が真っ暗になったり、スーッと血の気が引いていくような感覚に陥ります。

貧血で倒れるときなどがこれにあたります。

不整脈や、起立性調節障害などが原因になります。

 

めまいを引き起こす主な要因

・ストレス

・疲労

・薬の副作用

・脳血管障害

・不整脈や低血圧などの循環器系疾患

・リンパの流れが悪い

・中耳炎

・メニエール病

・高血圧

・起立性低血圧   など

 

 

めまいの症状

・吐き気

・頭痛

・難聴

・失神

・うつ

・目の前がぐるぐるとまわる

・ふわふわと浮いたような感じになる   など

 

めまいの病院での治療

・薬物療法

・心理療法

・原因疾患の治療

 

めまいの自律神経整体

めまいは自律神経失調症に多く見られる症状の一つです。

罹患者数も多く、その原因も様々です。

 

その中でも多く見られるのはストレス。

特に精神的ストレスから発症するパターンが多く、これらは根本的にみると、

ストレスにより頭、首、首回りが常に緊張状態になり、

血流やリンパの流れが悪くなり発症する。というものです。

 

簡単にいえば、首・肩こりが原因となり発症するということです。

これらは頸椎(首の骨)や頭蓋骨などの歪みが関係していることもあり、それらの調整も行います。

また、一度めまいに襲われ恐怖を感じた人はそれがトラウマとなり、

「目が回ったらどうしよう」という不安・恐怖からめまいが発症するという

悪循環に陥ってしまうこともあります。

 

その場合、脳や内臓、特に不安や恐怖の感情に対しては胃、脾臓にアプローチを行います。

体の調整とともにメンタルケアも行いつつ、めまいの改善に導きます。

 

当院のアクセス・診断時間

〒761-8073 香川県高松市太田下町1962番地11 Kstyle [いわき整骨院併設]

受付時間

                                                                                       
受付時間
通院される方(午前)
9:40〜12:00
× × × ×
通院される方(午後)
15:00〜19:00
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【昼の部】13:30~
× × × × ×
遠隔で受けられる方
【夜間の部】21:30~
× × × ×
                         

[ 休診日 ] 木・金・土日祝祭日
遠隔キヅキヒーリングをご希望の方はこちら